彼と会ってない時=意味のない時間だった。

こんばんは、小松あすみです。

 

 

◆どんな女性でも

「安心な恋」が出来るようになる◆

 

「不安で寂しい恋」を繰り返していた私が

心についてたくさん勉強&実践することで

「安心で幸せな恋」の世界へ来ることができました。

 

そのための本質

セルフイメージを上げることでした。

 

自愛=自分を愛すること

設定変更=思い込みを変えること

この2つを軸に、このブログでは

セルフイメージを上げるための

自分との向き合い方を、分かり易くお伝えしています。

 

まずはここから!おすすめ記事↓ 

自愛(自分とのパートナーシップ)とは?
明らめノートとは?
自愛と明らめノートの関係

私の失恋マスター時代はこちらから

 

 

 

 

ずっとずっと長いこと・・・

 

私は

 

好きな人と会ってる間だけが

意味のある時間

 

 

と感じて生きてきました。

 

 

思えば小学生の時から

クラスの中に必ず好きな人を作って

その人に会うことを楽しみに

学校に通う子どもだったからね!笑

 

 

本当に恋愛体質でした。

 

 

 

大大大好きだった

元彼に振られて2年ほど経った

25歳の8月頃、

 

 

それでもなんとなくその人と

連絡をとったり取らなかったりしていて

 

 

「クリスマスまでに俺に彼女できてなかったら会ってあげる」

 

 

と言われ、

 

すっかり救われた有頂天気分だった私は、

 

 

 

クリスマスまでに

4ヶ月以上あるのに

 

毎日カウントダウンしてました。

 

 

 

 

減っていく日数だけを

生きがいにして、

毎日ただただうっすら死んだように

やり過ごしてた。

 

 

(そういえば社会人1年目の時も仕事が辛すぎて

毎週月曜から金曜の業務が終わるまでの「時間数」をカウンドダウンしていたなあ・・・遠い目)

 

 

 

(転職してたので)

会社では一見楽しそうに

なんでもなさそうに

過ごしていたけれど

 

水面下で心は悲鳴をあげていた。

 

 

 

 

クリスマスに彼と会えさえすれば、

きっとまた付き合うことになって

そうすればやっと、やっと

私は救われる。

 

 

まるで

彼と復縁することで

この世に生きてていいという許可が出る

 

 

そんな思いでいました。

 

 

で、結果は惨敗だったんですけどね!笑

Link復縁に囚われていた時代の話③

 

 

 

 

韓国土産コスメたち♡

 

 

 

 

彼との復縁を目指すのをやめて

他の出会いを探しはじめてからも、

 

そのスタンスは変わりませんでした。

 

 

 

好きな人、

好ましい人と会ってる間こそが

最高の時間。

 

 

かっこいい人と付き合うことで

 

初めて私には

「生きてていい」という許可が出る。

 

 

 

つまり私は、

自分で自分に生きること、

存在することを許可してなかったんです。

 

 

 

ずっとずっと。

 

 

居場所がない、と思ってた。

 

 

 

あなたはどうですか?

 

 

そんなに彼氏が欲しいのはなぜ?

 

そんなに結婚したいのはなぜ?

 

別れるのが恐ろしいのは、なぜ?

 

 

 

 

男性を自分の居場所に

しようとしていませんか?

 

 

 

自愛を開始して

 

私は多分、生まれて初めて

 

 

自分の人生に自分で色をつける

 

 

という感覚を知りました。

 

 

 

 

彼氏ができないと

楽しむ資格がないと思っていた

大好きな夏を楽しめた。

 

 

一人の誕生日も楽しめた。

 

 

 

 

行きたかったカフェ。

みなとみらいのプロジェクションマッピング。

 

 

 

彼氏ができないと

いけないと思ってたところに

先にどんどんいった。

 

 

 

その時私は、男性に求めていなかった。

 

 

自分の内側=もう一人の自分

 

に目を向けて、

 

その子を喜ばせること、

 

その子と共にあること

 

 

そこに意識を集中するように

なりました。

 

 

 

 

 

そして今は?

 

 

 

「居場所がない」設定は

実はとっても根強いので、

 

まだまだ「あ〜まだ残ってたか!」

と思うこともあります笑

 

 

でも、それでも大丈夫。

 

 

 

 

もう一人の自分に目を向けること、

自分を内観すること、

MD(違いを作る)をして

現実をいくらでも変える方法を知ったから。

 

 

 

彼と一緒の時間も、

そうじゃない時間も、

 

すべて尊い、私の時間。

 

 

 

彼からLINE返信の時間が空いても

全然気にならない。

(昔なら考えられない)

 

 

仕事に夢中になって

彼から「寂しいよ〜」と

言われることもしばしば。

(昔なら考えられない)

 

 

あなたも絶対そうなれます。

 

 

 

大丈夫。

 

 

 

友だち追加

※上手く表示されない場合はお手数ですが
@wjs8067o でID検索をお願いします。

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。
 小松あすみ