「こんな家庭で育った私は中々幸せになれない・・・」という設定。

こんばんは、小松あすみです。

 

◆どんな女性でも「安心な恋」が出来るようになる◆

 

「不安で寂しい恋」を繰り返していた私が

心についてたくさん勉強&実践することで

「安心で幸せな恋」の世界へ来ることができました。

 

そのための本質

セルフイメージを上げることでした。

 

自愛=自分を愛すること

設定変更=思い込みを変えること

この2つを軸に、このブログでは

セルフイメージを上げるための

自分との向き合い方を、分かり易くお伝えしています。

 

まずはここから!おすすめ記事↓ 

自愛(自分とのパートナーシップ)とは?
明らめノートとは?
自愛と明らめノートの関係

私の失恋マスター時代はこちらから

 

 

 

{795C31A1-43D0-47D1-9D87-61F842C081CF}

昨日は心塾出身の

カウンセラー友達、上野りえこ
ちゃんとアフタヌーンティー
しましたよ〜♡
めちゃ刺激になった!

りえちゃんのブログもおすすめです♡

 

 

✴︎  ✴︎  ✴︎

 

私が失恋を繰り返して不幸のどん底だった頃、

それは自分の「性格」のせいだと

思っていました。

 

 

「性格」だから中々直らないし、

直せない自分を責めてもいた。

 

 

心理学のブログや本を読み漁り

カウンセリングを受け始めると、

 

 

それは私の「性格」のせいなんじゃなくて

小さい頃の家庭環境の中に

原因があったことが分かり、

救われた気持ちになりました。

 

 

 

あ、私のせいじゃなかったんだ。

 

 

 

こうならざるを得ない

原因があっただけなんだ、って。

 

 

 

しかし楽になったものの、

一方で別の感情も出てきました。

 

 

 

それは、

 

こんな家に生まれなければ・・・

 

 

というもの。

 

 

 

今まで以上に親を恨む瞬間もありました。

 

 

 

こんな家に生まれなければ
恋愛で苦しむこともなかったのに。
 
 
こんな家に生まれなければ
彼とうまくいってたはずなのに。
 
 
こんな家に生まれなければ
今ごろ結婚していたかもしれないのに。

 

 

って。

 

 

 

そう、被害者意識

進んでしまったんです。

 

 

 

クライアントさんにも

そういう方はいて、

 

 

ブログや本で学んだ方ほど

 

 

「こんな家庭に生まれてしまった私は

なかなか幸せになれないんじゃないか…」

 

 

って意識が育ちます

 

 

 

でも、敢えていいますね。

 

 

 

それも設定です!!

 

 

 

 

「こんな育ちの私が幸せになるのは難しい」

 

 

 

っていう設定。

 

 

 

 

クライアントさんには

いろんな方がいます。

 

 

 

お母さんがヒステリーっぽくて

常にビクビクしてた人。

 

 

親の離婚で寂しい思いをした人。

 

 

ご両親とも亡くなってる人。

 

 

兄弟姉妹から支配されてた人。

 

 

私みたいに
お父さんが怒りっぽくて怖かった、とか
お母さんが不幸そうだった、とか
過干渉気味だった、とか。
どんな背景があっても、
「こんな私でも、幸せになるのはもしかして簡単なのかもしれない」
に設定変更してください♡
たぶん、抵抗が出ると思います。
「難しい」を握りしめたまま
無理やり「簡単♡」って思いこむのではなく、
「そもそもその『難しい』って本当?」
と、土台を疑うイメージです。
それでも抵抗がある人はもしかすると
「幸せになっては困る理由」が
あるかもね。
「幸せになっちゃったら親に復讐できない」
とかね!
「幸せになりたくない理由は何?」
ってノートで掘り下げてみてくださいね。

 

 

 

小松あすみ