失恋したら、苦しくていいんだよ。

小松あすみです。

 

日々オンラインサロンで、ご質問に答えたり、セッションしたりしています。

>>オンラインサロンはこちら

 

 

そんな中、

「失恋の苦しさをかき消すために自愛しようとして、余計苦しくなっていました・・」

という声がいくつかあったので、

これについて

ブログに書いておこうと思います。

 

 

 

 

苦しいこと=ダメなこと

ではありません。

苦しくいることを、

自分に許してあげてほしいのです。

 

 

 

自愛をしてても苦しい!

おかしい!

自愛のやり方が間違ってるんだ!

やり方が悪いんだろうから

正しい方法でやらないと!

 

これだと余計つらくなります。

 

 

 

それから

 

ノートにたくさん気持ちを吐き出したりして、せっかくいい感じに忘れられそうだったのに、

そんなタイミングで彼の名前を見てしまったり彼と会ってしまい、気持ちがぶれてしまいました・・・

 

みたいなご質問もよくありますが、

 

 

私がそれを聞いて最初に感じるのは、

「ん?それの何が問題なの?」

です笑

 

 

気持ちがブレること

=ダメなことではありません。

 

気持ちがブレることが

問題なのではなく、

気持ちがブレることを

問題視していることが

問題なのです。

 

伝わるかな?笑

 

 

 

 

思い出してね。

自愛とは何なのか。

 

 

感情は、

大切な「もう一人の自分」

どんな感情もあなただけの

宝物です。

 

 

“苦しいね。

苦しくっていいんだよ。”

 

“気持ちがぶれちゃったね。こんな状況なら当たり前だよね。ぶれていいんだよ。”

 

 

いつもその子に一番に

寄り添ってあげてほしいのです。

(私もよく忘れるけど笑)

 

 

 

 

自愛でいい子に

なろうとしないでね。

「ちゃんと」「しっかり」

自愛しようとしないでね。

 

自愛を、

自分を責める材料にしないでね。

 

 

 

失恋したら、ちゃんと苦しんでちゃんと絶望する時間って、絶対に必要です。

 

 

落ちるところまで

どっぷり落ちたらいいのです。

 

 

落ち込むことまで許してもらえなかったら、もう気持ちの行き場所がないじゃないですか、ねぇ。

 

私が自愛を始める前から割と失恋の回復が早くて、次の恋にさっと進めていたのは、

落ち込むことを自分に許していたからだと思います。

 

 

どん底までやりきったら

勝手に浮上してくるから、

大丈夫。

 

 

ちゃんと絶望することが、本当の幸せへのスタートになります。

 

 

 

 

それから、

せっかく忘れかけたところで彼に会っちゃった!みたいなのは

私は「神様からのテスト」だと思ってます。

 

 

「君、本当に幸せな恋愛に進みたいんだね?いいね?わざと気持ちがぶれまくるような、引っ掛けテスト出しちゃうよ〜」

みたいな(笑)

 

 

 

 

 

恋愛じゃなくても

本当にやりたいことをやろう!と進み始めた途端、それを邪魔するような出来事が起きる・・

っていうのもたまに聞きますけど

 

それも神様から

「やるな」ってメッセージじゃなくて

「それでもやるんだね?」っていう

意思確認であると。それと一緒です。

 

 

ちゃんと落ち込んで、

そして失恋からの「学び」を受け取ったらあとは決めるだけ。進むだけ。

 

大丈夫。今は信じられなくても、人生も恋愛も、自分で決められるから。

 

 

 

小松あすみに直接「相談/セッション」を受けてみたい方は、オンラインサロンがオススメです。

オンラインサロンの中のみでセッションはおこなっています♡

↓↓

\根本から変わりたい人のための/

オンラインサロン募集中

「自分を生きるラボ オアシス」

>>オンラインサロン詳細はこちらから

 

 

人気記事♡

 

 

私の過去はこちらから

>>『失恋マスター時代の過去話

 

自愛とは?

>>『自愛(自分とのパートナーシップ)とは?

 

 

◆「自愛とノートで人生を変えるワークブック」販売中

第3弾「幼い頃の自分を癒す」

<ご購入はこちら>

 

第2弾「失恋を癒す」

<ご購入はこちら>

 

第1弾「彼氏ができる私になる」

<好評販売中です♡>

 

 

 

◆インスタグラム

イラストアカウント(@asumik510)

 

カウンセラーアカウント(@asumikomatsu510)

 

 

◆LINE@

友だち追加

ID検索→@wjs8067o

(@を必ずお付けください)

 

 

◆YouTube

 

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。