人間関係がうっすらしんどい理由。

小松あすみです。

 

職場の人間関係や
友達づきあい
ご近所づきあい
お客さんとの付き合い
そして恋愛関係。
人間関係がうっすらしんどいなぁと
感じる時ってありますよね。
でも、周りを見渡すと1人ぐらいは
そんなこと微塵も感じずに
軽々と人と付き合っていそうな人が
いませんか?
そういう人と、
いつもうっすらしんどい
私との違いはなんだろう?
そう考えた時、それはどれぐらい
人前で「役割」を演じようと
しているか、だと思います。
「自己一致」という言葉があります。
(私のセッションやセミナーではお馴染みワードです)
「自己一致」とは簡単にいうと、
自分の感じていること・思っていること
実際の言動が一致していることです。
自己一致していない状態とは、例えば
言いたいことがあるのに我慢してる時。
本当ははしゃぎたいのにおとなしいフリ。
本当は静かにしていたいのに、
はしゃいでるフリ。
頭のいいフリ。
バカなフリ。
料理なんてしたくないのに頑張ってしまったり・・・
などなど。
私がよくしてしまうのは、
楽しんでるフリ
明るいフリ
しっかりしてるフリ
分かってるフリ・・・笑
私たちは、
自己一致しているほど幸福感を感じ
していない(=役割を演じている)
ほどしんどくなります。
また、「一緒にいて居心地がいいなぁ」
と感じるのは、自分が自己一致している相手。
居心地が悪いのは、自己一致していない相手。
ここから何が分かるかというと、
居心地のいい、悪いも
実は自分が作り出しているということ。
この人は苦手だから、
この場所は居心地が悪いから・・・と
関係を切ってしまうのは簡単だけど、その前に
「果たして私はこの人に(この場所で)どれぐらい自己一致をしてるだろうか?」
と考えてみてもいいと思います。
自愛をはじめて、
そうか嫌な関係ならやめればいいんだ!
と思い、どんどん関係を切ってたら
一人になってしまいました・・・
という話もよく聞きます。
嫌な仕事ならやめてしまえばいいんだ!
とどんどん辞めていったら
本当に困ることになった、
という話も聞いたことがあります。
「やめる」「縁を切る」が
必要な時もあります。
私も、本当に嫌な仕事はやめてきたし
大事にしてくれないであろう男性や
特にメリット(成長)のない交友関係は
自然となくなってきた。
だけど、
「なんで私はそれが嫌なんだろう?」
という、自分との対話なくしての
自愛は成立しないと思っています。
そして、「なんで」の答えは大抵
自分が勝手に心のシャッターを
下ろしているからだったりします。
心のシャッターを下ろしてしまうのは、
「これを知られたらヤバイ!」
という思い込みによって見られたくない
部分が自分の中にあったり、
その人と関わることによって
感じたくない感情が
自分の中に湧き上がってくるから。
例えば私だったら、
明るくて賑やかで、
しょっちゅうバーベキューとかしながら
ウェーイってやってそうな人種は苦手。笑
それは、
そういう人たちに混ざると
彼らみたいに明るく楽しめない
自分を突きつけられて、
コンプレックスを刺激されるから。
その感情を感じたくないのです。
けど、そういう人が嫌いなわけじゃない。
ウェーイ系(笑)なんだけど
好きだし関わりたい人がいます。
だから私が目下練習中なのは、
そういう人の中にいて、
いかに落ち着いた(陰キャな?笑)
自分のままで居られるか。
そういう自分のまま、「居てもいい」と
許可を出せるか。
そう、やっぱり自分への「許可」が
全てだね。
「この人といるとしんどい」は、
自分になんらかの許可が出せてない
サインかもしれません。
そして、それに気づけば
またひとつ自分と仲良くなるチャンスになります。
人間関係がしんどいなぁと
感じる人のヒントになりますように!

◆“わたし”の人生に夢中に!

猫のように美しく魅力的な人になる◆

 

自愛=「自分」との関係改善

設定変更(思い込みを変えること)

 

この2つを軸に自己肯定感(セルフイメージ)

を高めることで、

 

*不安で惨めな失恋マスター

→大好きな彼と安心の中で婚約

*興味を持てない仕事で毎日疲労

→好きな仕事で心から豊かに

*自分の将来に悲観する日々

→将来の可能性にワクワクな日々

 

このように人生が180度変わりました。

 

このブログでは

「わたしの人生に夢中♡」になることで、

美しく神秘的な猫のように、

いるだけで愛される魅力的な女性

になる方法を分かり易くお伝えしています。

 

まずはここから!おすすめ記事↓ 

自愛(自分とのパートナーシップ)とは?
明らめノートとは?
自愛と明らめノートの関係

私の失恋マスター時代はこちらから

 

ブログへの読者登録はこちらから♡

フォローしてね!

***

 

 

 

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。

 

 

小松あすみ