もうひとりの自分はあなたを責めない。

 

{8A35702B-696C-4561-A6F4-76693459C07C}

 

セッションをしていて、

 

もうひとりの自分(魂、潜在意識、女性性etc)

から責められているように

感じる人がいるんだと知りました。

 

 

 

「どうせあなたはこうでしょ?」

「あなたは迷惑をかける存在だから」

 

 

 

そんな風に。

 

 

 

もうひとりの自分は

絶対にあなたを責めません。

 

 

 

というか

魂的にはなんでもいいらしいですから。

 

 

 

あなたがどんな選択をしようと

愛を持ってそっと見守ってくれています。

 

 

そしてあなたがその子を見てあげると

とっても喜びます。それだけ。

 

 

 

 

もし自分を責める声が

心の中から聞こえてきたら、

それはもうひとりの自分の声ではなく

 

 

 

あなたが持ってる「設定」からくる

自動反応の思考です。

 

 

 

 

私はどうせ○○である

 

私はどうせ上手くいかない

 

私は迷惑をかけて嫌われる存在である

 

 

 

これぜーんぶ設定。

 

 

 

昔だれかにそんなこと言われなかった?

 

もしくは、何かによって自分がそう

思い込まなかった?

 

 

 

上のセリフは

もうひとりの自分に言われてるのではなく、

むしろあなたがもうひとりの自分に

言っていることに気づきましょう。

 

 

 

 

小松あすみ