在り方を決めても不安に押しつぶされそうなとき。

こんばんは、小松あすみです。

{9D0FE31A-608D-4C40-AAFD-4383F7BDF39C}

 

 

明らめノートで「○○で愛されるわたし」

などの在り方を設定したけど

 

それでも不安に押しつぶされそうなとき…

ありますよね。

 

 

 

 

今パートナーや好きな人がいる人は尚更。

 

 

 

 

大丈夫です。

 

 

というか、それで当たり前です。

 

 

 

 

 

 

まず、しっくりくる在り方を

決められたからといって

これまでの設定(愛されない前提など)が

すぐに変わるわけではありません。

 

 

 

 

“バグ”は必ず出てくると思っていいんです。

 

 

 

 

それを無理に

 

 

 

「愛される私ならここでどうするかな・・・うーんうーん分からない…もうだめだ…」ちーん。

 

 

 

 

 

 

ってならなくてもいいんです。

いちいち疲れちゃうし。

 

 

 

 

私も「わからない」時、たくさんありますよ。

 

 

 

 

 

そういうとき、どうするか。

 

 

 

 

その不安を大切にしてあげてください。

 

 

 

 

不安=感情=もうひとりの自分、ですから

 

 

 

 

「また不安になっちゃった!新しい在り方での行動をしなきゃ…えーとえーと…」

 

 

 

 

とすぐにやること自体が

もうひとりの自分の否定になります。

 

 

 

 

おすすめの順番としては

 

 

①出てきたあらゆる感情(不安含む)を全力で許す

②その感情を感じてみる

③これ、私がよく持ってるこれまでの設定と繋がってるかな?と考えてみる

④つながってたら、「新しい在り方」ならこれをどう解釈しどうリアクションするかな?

と考えてみる

 

 

 

となります。

 

 

さっきも書いた通り④が分からなければ

無理にやらなくてもOK。

 

 

 

 

 

②までを特に大切にしてくださいね。

 

 

 

ゆっくりゆっくり、

望む在り方を浸透させるために

何度も設定変更するために

ノートがあるんです。

 

 

 

 

ノート(在り方)にこだわりすぎて

「もうひとりの自分」を疎かにしてしまっては

意味なし!!

 

 

 

 

ノートは目的ではなく手段!

 

 

 

自愛のためのノートです!!

 

 

 

 

あとは、決めた在り方に沿って

 

 

恋愛と関係ないところでの行動

積み重ねていくこともとっても大事。

 

 

 

日々の小さな我慢を辞めたり、

少しずつ頼ったりとかね。

 

 

 

それで「あ、ほんとに意外と大丈夫なんだな」

実感を積み重ねることで

 

 

 

在り方は浸透していきますからね。

 

 

先月から始まった3か月サポートで、

私はクライアントさんに、

決めた在り方に沿って

「小さな課題」をたくさん出すんですが

 

 

それはそういう狙いがあってのことです^^

 

 

(ちなみにその課題も、クライアントさん自身に考えてもらうことが多いです)

 

 

 

 

今月のノート講座でも、ご要望があれば

そういう話はしていきたいなと思います。

 

 

 

 

では。

 

 

小松あすみ