0か100かで考えない。一球を軽くしよう。

前にも似たようなこと書いたかな?

 

ま、いいか。

 

 

{CBEECA04-FEB8-46B5-A31A-CCB6CB679D4C}

 

 

先日クライアントさんより

 

 

こんなご相談がありました。

 

 

コーチングとNLP(心理学の1分野)

どちらも興味があるんだけど

どっちを学べばいいのか分からない…

 

 

とのこと。

 

きいた瞬間わたしは「?」となりました。

 

 

興味あるならどっちも勉強すればいいのでは?

 

 

と思ったから。笑

 

 

よくよくきいていくと、その方は

 

 

どちらかを選んだら

もう一方はやってはいけない

 

 

と思っていたそう。

 

 

そんなバカな!笑

 

 

でも、そう、これこそが「思い込み」。

 

 

こういう人って案外多いんじゃないかな。

 

 

なんでも0か100かで考えちゃう。

 

 

選んだら絶対それを

続けないといけないと思ってたり。

 

 

一球一球が重いんです。

 

 

本当はもっと軽やかでいいんだよ。

 

 

 

その方は「両方やるにはお金が心配です」

とおっしゃっていたけど、

将来的にコーチングや心理のお仕事を

したいという話だったから、

 

 

例えばどちらかを先に学んで

それで稼ぎながらもう一方を学ぶとか、

 

本とか無料の講座とかでお金をかけないで

学ぶとか。

 

やり方はたくさんありますよねって

提案させてもらった。

 

 

すると

「そんな方法もあるんですね…!」と

とってもびっくりされていた。

 

 

畏れているとき、悩んでるときって

 

人は無数にある選択肢を

「見ないようにしてる」んです。

 

 

だから、「やろう」と決めさえすれば

道はいくらでも見えてくる。

 

 

「どうやればできるかな?」

って考えるだけだから。

 

 

何事も0か100かで考えない。

 

「やっても続かなかったら?」

「選んだ道が間違ってたら?」

 

 

そんな風に「正しいか、正しくないか」

で考えない。

 

 

やってみて違ったら戻ったり、

方向転換すればいい。

 

 

もっと軽く、もっと柔軟にいこう。

 

 

 

小松あすみ