安心な恋愛がしたいなら、やっぱり親子関係を見よ。

こんばんは、小松あすみです。

 

 

{5BB7DD69-2632-4801-B18F-8E875AA8E304}

ほぼすっぴんで失礼しやす…
 

 

 

 

きのう恋愛と親子関係の記事を書いたら

セッション、講座のお申込みを立て続けに

いただきました。

 

 

やっぱり親子関係で傷ついた心を

癒したいと思っている人が多いのかな。

 

 

上手くいかない恋愛をいつもいつも

繰り返してしまう自分がいるなら、

まず見た方がいいのはやっぱり

親子(家族)関係なんですよね。

 

 

セッションしていると、

恋愛の悩みが自分の親子関係に

紐づいていたなんて思ってもみなかった…

 

という人がたくさんいます。

 

 

親にわだかまりを持っていたことにすら

気づいてないパターンもかなりある。

 

 

離婚や暴力といった

分かり易い家庭内不和がなく

 

自分は普通の家で普通に愛情をかけて

育てられてきたはずだ、

と感じている人たち。

(※分かりやすい不和があっても気づいてない人もいます)

 

愛情をかけられて育ったのは

間違いないのだと思う。が、

 

だからこそそんな自分が親に対して

恨みや寂しさの感情なんて持ってない、

いや持ってはいけない

「もうひとりの自分」の気持ちに

蓋をしている人がすごく多いのです。

 

 

{B96A5BF6-A7CC-4BCC-A92D-A4DFA82BBAF7}

 

 

 

 

 

意識の上では

 

 

 

「優しいお母さんに感謝しなくちゃね!」

なのに、もうひとりの自分

(魂、インナーチャイルド)は

 

「クソババァF○CK!!!!!!」

って泣きながら叫んでる。

 

 

ここのベクトルがバラバラで

全く連携がとれてないから

 

魂さんは不安な恋ばかり引き寄せて

あなたに気づいてもらおうとしているわけです。

 

✳︎

 

ちなみに、

家族に対する怒りや恨みなどの下には

「分かってほしい」「愛してほしい」

「私のこと見てほしい」がある可能性が高い。

(だから男性にもこう思うんですね。)

 

 

私はデトックス用ノートに親への感情を

書き出すとき、

最初は怒りや恨みがわんさか出てきますが

それが抜けると必ず毎回

【分かってほしい】

【こんなに苦しんでる私に気づいて欲しい】

が溢れだします。

ここまでくると涙ボロッボロ。

 

 

これこそが「もうひとりの自分」が

私自身に感じている気持ち。

 

 

{6EC1566C-8B5D-46A3-A9F4-1DF93E475458}

 

また、これまで家族に対して

そんな風に思うことを自分に禁じてきた人は

 

この蓋を開けるのがタブーな気がして

怖く感じるかもしれません。

 

でも大丈夫。

 

 

良い子ちゃんの仮面の下に

恨みや怒りがあり、

その下には「分かってほしい」があり、

その下にはちゃんと【愛】があるから。

 

 

人間の根本はやっぱり愛。

 

 

ヘドロみたいな感情に蓋をして

良い子ちゃん仮面の状態で

自分は不幸だ不幸だと思いながら

それでも親に「感謝」するよりも、

 

 

本当の愛から感謝できる層に到達したいと

思いませんか?

 

 

明らめノートを使いながら

過去の家族関係を見ていく方法は

講座でもお伝えしています。

 

個別セッションであれば私が一緒になって

深く潜っていきます。

 

ほんと、クライアントさんが

蓋をしてた感情と繋がって

涙を流す瞬間が大好き!

 

 

明日からはブログでも改めて

私流の明らめノートの書き方を

シェアしていこうかな。

 

 

では。

 

 

小松あすみ