愛は3年で冷めるっていうけれど

小松あすみです。

 

 

「愛は3年で冷める」

ってよくいうけど、

私とゴリたんは

付き合って4年以上経ちますが

特に冷める気配がない。

 

 

そもそもなんで

3年で冷めるなんて

言われているんだろう?

 

 

もしその「愛」がどちらかというと

「恋」に近いドキドキ感

みたいのを指しているのなら、

 

確かに何年も継続することは

ないのだと思う。

人は慣れる生き物だからね。

 

 

そして私はゴリたんに

実は「恋」はしたことが

ないような気がしてて、

「あの人のことを考えるとドキドキして眠れない・・・♡」

みたいな感情、

最初から一切なかった!笑

 

↑昨日これ伝えたら「ワシ傷ついた・・・( ´ • ω • )」って笑ってました笑
ゴリたんの方は一応、最初の半年くらいは私に恋してたそうですw

 

 

これは20代前半に

大好きだった彼の時も

一緒でした。

大事な恋を自分からぶち壊したお話①

 

 

その代わりにあったのは

安心感、ゆったり感。

「あ、なんかこの人とはずっと一緒にいる気がする」

みたいな不思議な直感。

一緒にいると

自然と呼吸が深くなる感じ。

 

そういえばインスタでも

こんな質問回答をしましたが、

「彼の狩猟本能をなくさないために」

というのは

「飽きられないために」

「冷められないために」

ということだと思うけど、

ゴリたんに対してそういう意識で

接したことってないんだな。

 

 

回答にも書いたけど、

それよりもどうやって

お互いの安心感・信頼感

つまり絆を育てていくか?

 

ということにエネルギーを

注いで来ました。

もちろん今もだし

これからもずっとです。

 

 

そう、これが2つ目の

ポイントかもしれない。

 

「お互いの絆を一生育て続けよう」

 

という意識で

コミュニケーションに

エネルギーを注いでいくことは

本当に大切で、

 

 

愛が3年で冷める

というのは、

コミュニケーション不足

→「どうせ愛されてない」という

ものさしでどんどん

相手を見るようになる

→どんどん嫌になる

 

っていうパターンが

かなり多いのではないかな。

 

 

かなり昔にテレビの

街角インタビューみたいなやつで

熟年夫婦の奥様側に

「結婚生活が続く秘訣は?」

という質問をしていて、

「忍耐です」

という回答があまりに多く

「うげー・・・」と

思ったのを覚えているのだけど、

 

 

これまではきっと

そういう時代だったんだろう。

(それも悪くない。人類の学びの一環として必要だったはず)

 

 

そしてこれからは

自由と自分らしさ

そしてコミュニケーション

大切になる時代

だと思っています。

(スピでは2020年から地の時代→風の時代に切り替わるって言われてる!)

 

 

今パートナーがいる人はもちろん、

いない人であっても

まずは

自分とのコミュニケーション

を高めるところから♡

(そのための内観ノートです♡)

【保存版】セルフカウンセリングノート基本の書き方

 

 

そして自分への安心感、信頼感

を育てていくこと。

 

 

恋愛に依存してしまう場合は

そもそも

「私には居場所がない」

と思っていることが原因なので、

 

<オンラインサロン「オアシス」>

「居場所感」を育てて

いくのもオススメですよ!

 

 

結論:

愛は3年で冷めないどころか

一生育て続けることが

可能なのであります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆オンラインサロン40名以上が参加♡
\安心しながら人生を変える/
あなたの居場所になるよ💓
自分を生きるラボ「オアシス」

>>オンラインサロン詳細はこちらから

 

◆ワークブック

ノートとペンとお気に入りの飲み物で
人生を変える!
「自愛とノートで人生を変える」
ワークブック

<ご購入はこちら>

 

まずはじめに読んでほしい記事

◆私の過去はこちらから
>>『失恋マスター時代の過去話

◆自愛とは?
>>『自愛(自分とのパートナーシップ)とは?

◆ノート基本の書き方(重要♡)
>>『【保存版】セルフカウンセリングノート基本の書き方

 

 

カウンセラーになりたい方はこちらのブログへ♡

 

 

毎週金曜日に「内観」のテーマ
をLINE@で配信します♡

毎週そのテーマに沿って内観すると
内観の習慣もつくし、自分を深く
知ることができます。

変わりたい・安心したい方
ぜひご登録ください↓

友だち追加

ID検索→@wjs8067o
(@を必ずお付けください)