恋愛に「正しさ」を持ち込むと破綻する。

小松あすみです。

 

 

恋愛やパートナーシップに

「正しさ」を持ち込むと

上手くいかないどころか

破綻につながるなぁと

つくづく思います。

 

 

こちらのシリーズ↓

大事な恋を自分からぶち壊したお話①

の彼との関係が壊れかけて来た頃、

こんな風に言われたことがありました。

 

「あすみさんが言ってることが正しいのはわかるよ。

だけど俺はそれができないんだよ。それが俺なんだよ。」

 

 

今でも覚えてるってことは

当時の私にとっても

心に刺さった言葉だったんでしょう。

 

多分これは

「正論」で彼を責め立てた時に

言われた言葉です。

 

 

その頃の私は

相手を理解しようとするとか、

相手の立場に立つとか、

ましてや相手に「与える」

なんて発想が微塵もなくて

(考えようとすると頭が真っ白になる自覚はあった・・・笑)

 

私が正しくて

相手が間違っている。

可哀想なのは私で、

大変なのは私で、

被害者なのは私。

相手はそんな私のことを

理解してケアするべき。

 

そんなマインドで

付き合っていました。

 

 

そんなの振られて当たり前だ。😂

と今なら秒で理解できますが

 

当時は余裕も知識もなかったので

わからなかったのです。

 

だから色々学んだ今は

すごく気をつけています。

 

 

 

結婚したから一生安泰

なんてこと絶対なくて、

①自分で自分をケアする意識(自愛)

②内観とMD(※)

③相手を理解しようとする意識

④与え合う意識

(※MD=Make a Difference、違いをつくること)

 

これは絶対必須だと思ってる。(優先順位は上から)

 

「私だったらこうするのに」

「普通はこうなんじゃないの?」

「あの人はこう言ってたのに」

 

という「正しさ」は

パートナーシップにおいて

残念ながら、邪魔になるのだ。

 

「自分が源だと思って、関係をつくり続ける・深め続ける姿勢」

がなければ結婚生活なんて

紙切れ一枚で簡単に解消されてしまう。

 

結婚したからこそ実感します。

 

 

 

私とゴリたんは定期的に

「夫婦会議」の場を作って

お互いの気持ちを自己開示する機会

を設けることにしたよ♡

 

相手が話してるときは口を挟まない

のが暗黙のルール。

 

冷静に聴き、

冷静に意見を述べあって、

より良い関係づくりを目指します。

 

 

 

そしてこれをするには

「自愛」で自己受容の土台

を作っていくことがやっぱり大切。

 

自分への受容度が低ければ

相手のことを理解する

余裕がなくなってしまうからね。

 

 

自己受容を高めてパートナーシップ力をつけたい人は、オンラインサロン「オアシス」かなりオススメです♡

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆オンラインサロン40名以上が参加♡
\安心しながら人生を変える/
あなたの居場所になるよ💓
自分を生きるラボ「オアシス」

>>オンラインサロン詳細はこちらから

9月のオンラインサロンライブ予定↓

9月
悩み続ける人とどんどん幸せになる人の違い
デートがいつも次につながらない

 

◆ワークブック

ノートとペンとお気に入りの飲み物で
人生を変える!
「自愛とノートで人生を変える」
ワークブック

<ご購入はこちら>

 

まずはじめに読んでほしい記事

◆私の過去はこちらから
>>『失恋マスター時代の過去話

◆自愛とは?
>>『自愛(自分とのパートナーシップ)とは?

◆ノート基本の書き方(重要♡)
>>『【保存版】セルフカウンセリングノート基本の書き方

 

 

カウンセラーになりたい方はこちらのブログへ♡

 

 

毎週金曜日に「内観」のテーマ
をLINE@で配信します♡

毎週そのテーマに沿って内観すると
内観の習慣もつくし、自分を深く
知ることができます。

変わりたい・安心したい方
ぜひご登録ください↓

友だち追加

ID検索→@wjs8067o
(@を必ずお付けください)