どっちに偏ってもダメ。

小松あすみです。

◆“わたし”の人生に夢中に!

猫のように美しく魅力的な人になる◆

 

自愛=「自分」との関係改善

設定変更(思い込みを変えること)

 

この2つを軸に自己肯定感(セルフイメージ)

を高めることで、

 

*不安で惨めな失恋マスター

→大好きな彼と安心の中で婚約

*興味を持てない仕事で毎日疲労

→好きな仕事で心から豊かに

*自分の将来に悲観する日々

→将来の可能性にワクワクな日々

 

このように人生が180度変わりました。

 

このブログでは

「わたしの人生に夢中♡」になることで、

美しく神秘的な猫のように、

いるだけで愛される魅力的な女性

になる方法を分かり易くお伝えしています。

 

まずはここから!おすすめ記事↓ 

自愛(自分とのパートナーシップ)とは?
明らめノートとは?
自愛と明らめノートの関係

私の失恋マスター時代はこちらから

 

自愛をする
今より幸せを感じるにあたって
2つの「モード」を覚える必要が
あるなぁと感じます。
それは
「感じるモード」と「分析モード」。
「感じるモード」とは、
文字通り、感情を感じること。
なにを感じてもいい
感情はすべて宝物
これが大、大、大前提。
これね、
私も注意してないと
ついつい忘れがち。
自分の持った感情がネガティブであるほど
「こんなふうに感じちゃいけない!」
って無意識にやっちゃいがち。
はっと気づいて
そうだった、感じてOKなんだった!
といちいち戻している感じです。
ちなみに「感じたこと」と「思ったこと」
がごっちゃになる人、すごく多いです。
というか、「感じたことは?」ときくと
大抵の人がまず「思ったこと」を
答えます。
感じる=心
思う=頭
感じたこと、っていうのは
嬉しい 楽しい 悲しい 寂しい
こわい 恥ずかしい
そういう「感情」ね。
「あの人は○○なんだなと感じた」
みたいに文章になってたら、
それは「思ったこと」です!
私はいまどんな「感情」を
感じてるのかな?
と、自分に問いかける習慣を
ぜひつけてほしいです。
次に「分析モード」。
これは
なぜそう感じたの?
どんな思い込みがあるかな?
私はどうしたいの?
というように、
自分を俯瞰して掘り下げするモード。
この「俯瞰で自分を見る」
ってすごくすごく大事。
「私はよく否定されたって捉えやすい人だな」
「私はよくバカにされたように感じやすい人だな」
そんな風に
自分の感じ方のクセがわかっていれば、
その感情に飲み込まれずに済みます。
※何度か書いてるけど、
感情を感じることと
感情に飲み込まれることは
全然違うよ〜!
「分析モード」がなければ
感情に振り回されてしまうし、
「感じるモード」がなければ
感情を消化せずに結局「我慢」になって
終わります。
だから両方大切で、
どちらか一方だとうまくいかないのです。
感じるモード
分析モード
ぜひ意識して、使い分けてみてください。

ブログへの読者登録はこちらから♡

フォローしてね!

***

 

 

 

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。

 

 

小松あすみ