好意を出すのを恐れて出会いを逃した話。

こんばんは、小松あすみです。

 

 

※2017.9記事の再掲です。

 

 

あなたは気になった相手に

ちゃんと好意を見せていますか?

 

というのも、私はそれが出来なくて

全力で出会いを取りこぼした過去がある。泣

 

 

あるとき、マッチングアプリで

好みの男性から声を掛けられました。

 

 

顔が好き❤︎

帰国子女❤︎

早稲田卒❤︎

そして何よりリア充っぽい❤︎

 

(見事に表面しか見ていない。笑)

 

チャラそうだけど遊びではなく

ちゃんとお付き合いできる女子を

探してそうなところが好印象でした。

(プロフィールやコミュニティ、メッセージのやりとりの感じからだいたいわかります)

 

 

向こうからいいね!を押され、

メッセージもだいぶ押し押し。

 

褒めてくれるし、いかにも私に

興味がありそう。

 

 

一回目のデートは横浜ベイクオーターの

お高そうなレストランを予約してくれ、

お支払いも全部向こう。

 

会話も楽しく、バス停まで送ってくれて

その日のうちに次回の約束もした。

 

 

そのあとも毎日、仕事してる時以外は

超頻繁にLINEのやりとり。

 

 

いやーこれは決まったも同然だなあ〜

やっと私にも彼氏ができるのね!

今まで長かった・・・

やっとやっと報われる・・・

 

そう思っていたら。

 

 

彼から突然連絡が。

 

 

「あすみちゃんさー」

「今度の火曜日の約束、やっぱナシでいい?」

「他の人と付き合う事になってさ」

 

 

 

もうこの時のショックといったら。

 

 

 

しかも丁度引越しの日でね。

 

業者さんの前で泣かないようにするのに

必死だったわ・・・

 

むしろ我慢しきれずちょっと泣いたわ(笑)

 

※この失恋がきっかけで

私はカウンセリングに行くことに決めた笑

 

 

で、この時の私の何がいけなかったか。

 

それは、彼の積極さに安心しすぎて

自分の好意を全く現していなかったこと。

 

 

この彼とはこの後ぐだぐだの関係になり、

私がいろいろ迫ったり

相手を責めたりメンヘラモードになったり

もう大変だったのだけど笑、

 

その中で

 

「だって君、俺の事全然好きそうじゃなかったじゃん」

 

って言われたんだよね。

 

 

私は自分が好意を示していないことにすら

気づいていなかったから、

本当に驚きました。

 

 

ちなみに彼が付き合う事にした女性は

自分からはっきりと彼と付き合いたい意思を

示しており、その積極性に

やられたんだとか・・・。

 

 

{0BB6FB9A-E5C8-4763-82C9-F87F089A9DFA}

 

 

 

 

で、私がなぜ彼に

好意を示せなかったのかと言えば、

それはやはり「恐れ」が

あったからなのですよね。

 

 

好意を出しても空振りだったらかっこ悪い。

気持ち悪いって思われたらいやだ。

 

 

彼に限らず、それまでの恋愛で私はずっと

そんな傾向がありました。

 

 

だから二度とそんな失敗をしないため、

今の彼と出会ったときは、

その恐れはもう捨てました。

 

というより、相変わらず怖かったけど

怖いままビクビクしながら

「愛されてる私」を設定し

 

「あなたといると楽しい」

「会えて嬉しかった」

「また会いたい」

 

と伝え続けた。

 

 

酔っ払ったふりして

手もつないだ。笑

(恥ずかしくて死ぬかと思った!)

 

これぐらい大げさの方が

男性には丁度いいんです。

 

ここまでやっても、彼曰く

「告白の成功率は50%だと思ってた・・・」

 

らしいから。笑

 

 

せっかくの出会いを取りこぼさないために。

 

 

「あなたに興味がありますよ」

「あなたにもっと会いたいです」

 

ちゃんと相手に伝えていこう。

 

 

そういう勇気ある自分も

明らめノートなら簡単に作って行けますから

ぜひ自愛とともに取り組んでみてね。

 

 

では。