生きづらさの正体

こんばんは、小松あすみです。

*再掲です

心の学びを始めて

いま本当に感じるのは、

 

「生きづらさ」って自分で

作ってるんだなぁ

ということ。

 

 

きっかけは小さい頃に

家族や学校で体験した

「怖いこと、嫌なこと」

だったかもしれない。

 

でもその時に決めた

自分を縛り付けるルール

↓↓

「しっかりしてなきゃいけない」とか

「誰からも嫌われないようにしないといけない」とか。

 

こういった縛りが強いほど

私たちは「生きづらく」なるわけだけど、

これを作ったのは自分だし

今そのルールを適用してるのも自分だし

そしてそこから解放できるのも

自分だけ。

 

 

 

そして生きづらさとは、

「偏り」のことでもあります。

 

「感情を顔に出してはいけない」

という人がいれば

「常に感じよく笑顔でいないといけない」

という人もいる。

 

「できる私でいないといけない」

という人がいれば、

「できないフリをしてなきゃいけない」

の人もいる。

 

 

これらは「出方」が違うだけで、

根本にあるのが恐れというのは

変わらない。

 

「偏って」いるから、

どっちも生きづらいのです。

 

 

 

だから自分ルールを緩めて、

今の「偏り」の反対側を練習してみる

必要がある。

(これがMD=違いをつくること、です)

 

 

「やっちゃいけない」と

思い込んでいたことを

あえてやってみて、

 

「あれ?意外と大丈夫みたい…」

そんな体験を増やしてく。

 

 

その繰り返しであなたは緩み、

生きづらさの解消になり、

そしてどんどん自分らしく

魅力的な女性になっていくのです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

おうちにいる今こそ♡
自分と向き合ってみませんか?

◆ワークブック

ノートとペンとお気に入りの飲み物で
人生を変える!
「自愛とノートで人生を変える」
ワークブック

<ご購入はこちら>

◆オンラインサロン
\根本から変わりたい人のための/
自分を生きるラボ「オアシス」

>>オンラインサロン詳細はこちらから

 

まずはじめに読んでほしい記事

◆私の過去はこちらから
>>『失恋マスター時代の過去話

◆自愛とは?
>>『自愛(自分とのパートナーシップ)とは?

 

友だち追加

ID検索→@wjs8067o
(@を必ずお付けください)