過去の恋に生きていませんか?

こんばんは、小松あすみです。

 

 

 

{016FBAC3-7F46-4ED2-9484-6AF911297A7C}

 

 

さてさて。

 

今日は、

 

あなたは何年も前に終わったはずの

過去の恋に生きていませんか?

 

 

というお話。

 

 

 

それが悪いというわけではありません。

 

 

 

でも、本当は新しいパートナーが欲しい、

結婚したい、

安心な恋愛がしたい

と思っているなら

 

 

過去の恋に縛られたままの状態は

相当やっかいです。

 

 

 

継続サポートのクライアントさんでも

そういった方は結構います。

 

 

 

先日も、4年も前に振られて

連絡もとっていない相手なのに

 

 

 

「新しい人を見つけるよりも、その彼とやり直す方が簡単な気がしてしまうんです…」

 

 

 

という方がいました。

 

 

 

これ、こういう状態に

陥ったことがない人からすると

 

 

「???」

 

 

 

だと思います。笑

 

 

でも私はその気持ちが

よく分かってしまいました。

 

 

 

なぜなら私も過去に

全く同じ状態に陥ったことがあったから。

 

 

 

 

大好きだった2番目の彼から振られた後も、

なんだかんだ連絡をとって会ったり、

身体の関係もあったりしました。

 

 

 

 

だから、なんだかまだ

うまく行くような気がして

しまってたんですよね。

 

 

 

そこに愛があるような気がして。

 

 

たとえその後ついに連絡が来なくなっても…

 

 

なんだかんだきっと彼は

私のことを忘れていなくて、

いつかは戻れるような、

そんな気がしてしまう…

 

 

 

 

このクライアントさんもそんな私と

同じような状態でした。

 

 

 

 

だからこそ言いました…

 

 

 

 

「えっと、今からかなり痛い部分を付きますね。。」

 

 

「ハッキリ言って別れた後、彼から見たあなたはセ フレだったと思います」

 

 

「たとえ彼から決してその単語が出なかったとしてもです」

 

 

「これは男女の感覚の違いでもあります」

 

 

「女性にとって、身体の関係と愛は中々切り離せません。でも男性は切り離せます。スッパリと。」

 

 

「だから私たちには、別れた後の身体の関係というのも“付き合ってる延長”ぐらいに感じちゃうんですけど」

 

 

 

「男性にとっては違います。もう終わってます」

 

 

 

「もう愛はなかったと思います」

 

 

 

 

・・・・なんていう風に

 

なるべくキツく聞こえないようにしながらも

 

 

 

でも内容としてはキツイことを、

ズバズバ言わせて頂きました。笑

 

 

 

私のクライアントさんは

学生さんから40代の方まで

幅広いんですが、

(一番多いのは30代の方です)

 

 

その方の年齢や立場は関係なく

大事なことはズバッといいます!

 

 

だってせっかくお金払って

くれてるわけだから。

 

 

ごまかすことはしません。

 

 

意味ないし勿体ないもん。

 

 

 

 

なぜならここが本当に本当に大事なところで、

 

 

「現実を見る」

 

ということをしないと、

先に進めないんです。私たちは。

 

 

 

 

現実を見て、

目の前真っ暗になって、

泣き崩れたほうがいいんです。

 

 

 

 

そしてノートにはこんな風に書いてもらいます。

 

 

 

私は彼にとっくのとうに振られていた。

彼と私はセ フレだった。

彼は私を手放したのだ。

彼は彼の人生を歩んでいて、

そこに私はいなくていいのだ。

 

 

 

 

書いて、書いた文字を眺めて、

思いっきり絶望して頂きます。

 

 

絶望するから

その先に進めるんです。

 

 

 

 

その絶望は本当の幸せの

スタート地点です。

 

 

 

彼はずっと前から

もういなかったことに気づいてもらいます。

 

 

 

 

・・・・でもね、その代わり

 

 

 

「わたし」はいました。

 

 

 

 

1人の男性をこんなにも情熱的に愛し抜いた、

 

 

 

とてもとても愛が深い、

「わたし」はずっといたんです。

 

 

そんな「わたし」に気づいて、

大事にしてあげてください。

 

 

 

お疲れ、わたし、よく頑張ったね。

 

 

 

労ってあげてください。

 

 

 

そして彼に向けていた情熱を、愛を、

自分に向けてあげましょう。

 

 

 

 

自分に向けて注いで

溢れた分を相手にそそいであげる、

そんな準備が出来たら

 

 

 

今度こそ大好きな人と、

心から幸せで安心な

本物のパートナーシップが築けるのです。

 

 

 

 

自分への愛の注ぎ方、

本物のパートナーシップの構築の仕方を

あなたのケースに合わせて

知りたい方は、6か月サポートへどうぞ♡

 

 

 

LINE@登録者様は100名を超えました!

 

友だち追加

 

※うまく表示されない場合はお手数ですが

@wjs8067o でID検索してください。

 

 

 

 

小松あすみ