好きになれない人から好意を受け取れないのは。

こんばんは、小松あすみです。

 

 

 

「不安で寂しい恋」を繰り返していた私が
「安心で幸せな恋」の世界へ来られた秘密。

 

そして自分を好きになり

人生がステージアップする方法。

 

自愛明らめノートを通して伝えています。

 

もっと自由に、もっと美しく

「わたし」を生きるためのブログです。

 

自愛(自分とのパートナーシップ)とは?
明らめノートとは?
自愛と明らめノートの関係

私の失恋マスター時代はこちらから

 

 

 

{257071B0-501C-4687-9B8B-F365192CE25F}

City shop noodle @表参道♡

 

 

 

 

 

 

私が一生懸命恋人さがしをしていた頃

 

好いてくれる人を好きになれない、

 

ということは日常茶飯事でした。

 

 

 

 

もう本当に

「気持ち悪い」としか思えなくて

 

 

 

私はこういう人からしか好かれないんだ、

そして私が好きになる人は絶対に

私を好いてくれないんだ、

 

 

 

と何度も絶望的な気持ちになりました。

 

 

 

クライアントさんでも

こういう方は多いです。

 

 

 

 

で、今そういう方を見ていて思うのは

 

 

 

 

「好きになれない相手」に当たって

その人から好意を示された時、

 

 

全力で「受け取り拒否」してませんか?

ってこと。

 

 

 

 

 

好かれた、ということを受け取り拒否。

魅力的だと思われた、

ということも受け取り拒否。

 

 

 

 

私の場合は

どんなに無理な相手でも、

「好かれた」という事実自体は

受け取っていた気がします。

 

 

 

 

でもそれすら受け取ってない人がいる!

 

 

 

どういうことかというと

 

好かれた、とか

可愛いと思われた、ではなく

 

「こいつならいけると思われた」とか

「軽い女だと思われた」

 

とか解釈してる。

 

 

 

ハッとした人は

まずはそうやって全力で受け取り拒否してる

自分に気づいてください。

 

 

 

 

で、

なんで受け取れないんだろう?

と考えたとき、1つには

 

 

「受け取ったら返さなければならない」

 

って考えてるからなんじゃないかな、

と思います。

 

 

 

好意を受け取ったら

私はこの人を受け入れなきゃいけないの?

好きにならなきゃいけないの??

 

みたいな。

 

 

 

違いますからね!

そこ切り離しましょう。

 

 

好意は受け取るけど

ごめんなさい、あなたとは付き合えません。

 

でもいいんですよ。

 

 

 

あとはそれを好意だと解釈しないことに

メリットを感じてるかも。

 

 

 

例えば

「調子に乗ってしまって実は違ったら恥ずかしい」

とか。

 

 

この場合は昔、

そんな思いをした

経験があるのかもしれません。

 

 

 

そしてその設定いつまでも必要?

と疑ってください。

 

 

 

ぜひ自分がなぜ好意を受け取れないのか、

ノート使って掘り下げてみて下さいね。

 

 

 

 

上手くいかない人は

ノート講座に来てください(笑)

 

 

 

* *
 
◆LINE@始まります!
先行予約やLINE@のみの情報を流して
行く予定です。

 

 
 

 

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。

 

 

小松あすみ