本物の恋は案外、薄味なのかもしれない。

小松あすみです。

*2017年の再掲です。

{9CF76514-CA5C-43DF-81C3-DAC7AB2CF588}

 

なにをもって

本物の恋(愛)

とするかは人それぞれだけど

 

私にとって本物の恋は案外

薄味なモノなんじゃないかと思う。

 

薄いけど深みがあって

噛めば噛むほど味が出る

みたいな(*´ω`*)

 

 

 

この「薄味の恋」は

以前にもしたことがあって

 

その時の彼のことも

大大大大大大好き

だったのだけど

 

 

けちょんけちょんのぐっちゃぐちゃに、

こっぴどく振られてからは笑、

しばらくはキムチチゲのような

濃くて、分かりやすく美味しくて

刺激的な恋ばかり求めていた。

 

 

カッコいいけど安心できない、

キムチチゲ男子たち(笑)(笑)

 

 

そういう人じゃないと好きになれない

とずっと本気で思ってた。

 

 

 

当時のわたしの世界の中には

恋活で出会う人たちは

 

「キムチチゲ男子」

(私の中で)気持ち悪い男子」

 

の両極端しかいなかった。

 

気持ち悪いやつ(※あくまで私の中で)

とは1秒も一緒にいたくない…
 

 

だから私は

キムチチゲを追いかけるしかなかった。

 

何度もなんども火傷しながら。

 

 

 

ところが自分を愛することに目覚めると、

 

そのどちらでもないおでん男子

が急にスコーン!と現れたのだ。

 

それが今の彼。

 

 

まさに昔大好きだった彼と同じく

極上の素材から丁寧に「だし」をとった

美味しい美味しいおでんであるラブ

 

 

 

ピンとこない人を好きにならなきゃ…

なんて努力は微塵もしていない。

(↑これはマジで時間の無駄)

 

キムチチゲを卒業したいけど

そうじゃなきゃ満足できない気がする…

とお悩みのあなた。

 

 

大丈夫です。

 

あなたが本当に

「薄味の(だけど幸せな)恋」

を求めるなら、

 

地道に「自分らしさ」

を取り戻していけば、

ちゃんと好きになれる

旨み100倍おでん男子が

どっかからポーンと現れます。

 

 

そもそも誰を好きになるかなんて、

潜在意識にお任せすべき領域。

 

だからまずは潜在意識ちゃんの

ご機嫌をとることから!はじめよう。

 

 

{49971431-E1B8-4B62-BFD2-DA12DCF5B9C8}<
順番、間違えるにゃよ。

 

 

\根本から変わりたい人のための/

オンラインサロン募集中

「自分を生きるラボ オアシス」

>>オンラインサロン詳細はこちらから

 

人気記事♡

 

私の過去はこちらから

>>『失恋マスター時代の過去話

自愛とは?

>>『自愛(自分とのパートナーシップ)とは?

 

◆「自愛とノートで人生を変えるワークブック」販売中

第3弾「幼い頃の自分を癒す」

<ご購入はこちら>

第2弾「失恋を癒す」

<ご購入はこちら>

第1弾「彼氏ができる私になる」

<好評販売中です♡>

 

◆インスタグラム

イラストアカウント(@asumik510)

 

カウンセラーアカウント(@asumikomatsu510)

 

◆LINE@

友だち追加

ID検索→@wjs8067o

(@を必ずお付けください)

 

◆YouTube

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。