恋人を感情サンドバッグにしてた私。

小松あすみです。

 

 

昨日まで続いた婚約までの
長かった道のりシリーズ、
読んでいただけましたか?

 

>>彼から距離を置かれた私が無事に婚約できた理由①

>>彼から距離を置かれた私が無事に婚約できた理由②

>>彼から距離を置かれた私が無事に婚約できた理由③

 

 

 

このシリーズで書かれている通り、

「今、恋愛がうまくいかない」

という問題の裏にはほとんど

「小さい頃からの親へのわだかまりの気持ち」

が関係しています。

 

 

 

 

こんなことを言うと
クライアントさんの反応は
だいたい2パターンに分かれます。

 

 

1つは
「あ〜そうですよね、親へわだかまり、たくさんあります・・・家族大嫌いです」
みたいな反応。

 

そしてもう1つは
「うーん、小さい頃は色々あった気がするけど今は家族みんな仲良いし、不満とか特にないですけどね・・」
っていう反応。

 

 

1つ目に近い反応をする方は
親への怒りや悲しさが
見えている状態なので、
ある意味わかりやすいです。

 

そして2つ目に近い反応をする方々も、

セッションをしていくと
涙がボロボロ、
実は不満をたくさん溜めていた!

ということがほとんどで
みんなびっくりされます。

 

怒りや悲しさの上に、さらに

「でも家族のこと好きだし」

っていう「蓋」がされている

パターンです。

 

 

 

 

どちらの場合でも

まずは溜まった怒りなどを

ひたすら吐き出していく作業は

大切です。

 

 

その下から少しずつ、

本当の愛が見えてきます。

 

これは

「家族とは仲良くしなきゃ」

「お母さんには感謝しなきゃ」

みたいな義務感とは

全く別のものです。

 

 

 

 

 

 

私の場合は、

1つ目の怒りが見えていたパターン。

 

相当怒りや恨みが深いので笑、

あらゆる方法で出しても出しても

正直まだまだ出てきます。

 

「あ、こんなこともあった」

って次々思い出したり、

「これも本当は私、悲しかったんだ・・」

って新たに気づいたり。

 

 

でもだいぶ軽くなったことは確か。

 

 

 

両親に対してのわだかまりが

デトックスされるほど、

恋愛で依存したり

感情が爆発することが

自然と減っていきました。

 

 

 

 

 

昔の私は本当にひどくて。

 

 

二人目の彼であった

浪人メガネくんと

付き合ってた時は、

彼はまさに私の

感情サンドバッグ

と化していました。

>>大事な恋を自分からぶち壊したお話①

 

 

当時は仕事がとにかく辛くて

不安定だったので、

平気で平日から呼び出したり

毎日電話して愚痴愚痴行ったり。

 

 

会うたびに人生が辛い辛いって

泣きついてました。

 

 

デートは毎週日曜日だったので、

次の日から会社に行きたくなくて

別れ際は毎回、駅で号泣・・・

 

 

デート中も少しでも

気に入らないことがあれば

「もう帰る!」だの

「ついてこないでよ!」だの

でも本当に彼が帰ろうとすると

「なんで帰るのー!!」だの

(本当にひどい・・笑)

 

 

デートはいつも

悲壮感でいっぱいでした。

 

 

本当にこんな奴によく

1年以上も付き合ってくれたよ・・笑

 

 

 

 

 

とにかく彼と一緒にいると

感情の抑えが効かなかったんです。

 

 

後から心理学を学び始めて

わかったことだけど、

私は彼を心理的に

お母さんにしていたんですね。

 

現実のお母さんには

愛してもらえなかった

(と感じている)ので、

恋人を理想のお母さんにして

自分のすべてを受け止めてほしい、

受け止めてくれるだろう、

と思っていたのです。

 

 

 

これはこの彼だけじゃなくて、

その後の2年間で7人に失恋時代にも

繰り返してました。

男性に対して感情爆発したり

すべてを受け止めてもらいたい、

みたいな極度に依存的に毎回

なっていました。

 

 

 

 

 

ちなみに私みたいに、

恋愛相手に感情の歯止めが効かなくなる

という人は多いですが、

恋愛相手にすら感情を出せない

という人も少なからずいます。

 

 

昔はそういう人を見て

「すごいなぁ、大人なんだな・・」

って思ってたけど、

今ではただ持ってるパターンが違うだけ、

ということがよくわかります。

 

恋愛相手にも出せない人は

見ているとだいたい

心や体の病気になる人が

多いです。

 

あなたが悲鳴をあげないから、

身体が代わりにあげてくれてるんですね。

 

 

 

 

 

 

さて話を戻して

とにかく恋愛がうまくいかない

自覚がある人は、

ぜひ設定変更やMD(違いを作ること)

だけではなく、

過去のわだかまりの感情も

癒してあげてください。

 

 

 

「なんで感情の抑えがきかないんだろう・・・」

って自分を責めるのが一番あかん!

 

 

感情の抑えがきかないなら、

きかないだけの

どうしようもない理由が

あなたの中にあるんです。

だからそこを癒してあげたらいい。

 

 

 

 

 

前の彼の時と

今の彼の前では

私はほとんど別人、ってくらい

感情が暴れづらくなりました。

(付き合い始めは多少暴れたけど、それでも前と比べたらだいぶマシでした)

 

 

これはもう本当に

ノートだったり体感セミナーだったり

ヒプノセラピーだったりで

小さい頃の感情を

出す、出す、出す!!!

ってずっとやってきたからです。

 

 

 

 

 

年末に発売した

「幼い頃の自分を癒す」ワークブックは

今までやってきたワークやセラピーから

効果的だと感じたものを

ぎゅっと詰め込みました。

セッションでも実際に何回も

使ってきたものです。

 

 

2020年こそ恋愛をうまくいかせたい方、

根本から自分を癒して

恋人の前でも穏やかでいられる私に

アップグレードしませんか?

 

 

友だち追加

 

 

 

 

<ワークブックご購入はこちら>

 

 

12/24販売開始♡

「幼い頃の自分を癒すワークブック」

<ご購入はこちら>

 

 

 

人気記事♡

 

 

私の過去はこちらから

>>『失恋マスター時代の過去話

 

自愛とは?

>>『自愛(自分とのパートナーシップ)とは?

 

 

◆「自愛とノートで人生を変えるワークブック」販売中

第3弾「幼い頃の自分を癒す」

<ご購入はこちら>

 

第2弾「失恋を癒す」

<ご購入はこちら>

 

第1弾「彼氏ができる私になる」

<好評販売中です♡>

 

 

 

◆インスタグラム

イラストアカウント(@asumik510)

 

カウンセラーアカウント(@asumikomatsu510)

 

 

◆LINE@

友だち追加

ID検索→@wjs8067o

(@を必ずお付けください)

 

 

◆YouTube

 

 

ブログへの読者登録はこちらから♡

フォローしてね!

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。

 

 

小松あすみ