あなたの苦しさの原因もこれかも。

小松あすみです。

◆“わたし”の人生に夢中に!

猫のように美しく魅力的な人になる◆

 

自愛=「自分」との関係改善

設定変更(思い込みを変えること)

 

この2つを軸に自己肯定感(セルフイメージ)

を高めることで、

 

*不安で惨めな失恋マスター

→大好きな彼と安心の中で婚約

*興味を持てない仕事で毎日疲労

→好きな仕事で心から豊かに

*自分の将来に悲観する日々

→将来の可能性にワクワクな日々

 

このように人生が180度変わりました。

 

このブログでは

「わたしの人生に夢中♡」になることで、

美しく神秘的な猫のように、

いるだけで愛される魅力的な女性

になる方法を分かり易くお伝えしています。

 

まずはここから!おすすめ記事↓ 

自愛(自分とのパートナーシップ)とは?
明らめノートとは?
自愛と明らめノートの関係

私の失恋マスター時代はこちらから

 

 

 

きょうは、

ふだんスカイプでお話ししている

九州にお住まいのクライアントさんと

東京で対面セッションすることが

できました!

直接会えて嬉しかった♡

今日のセッションは

感情デトックスを中心に。

(最近、私の周りでは感情デトックスブーム♡

私もここ最近集中してやっています)

「お母さん」について扱いました。

私のブログでは頻出ですが、

「お母さん」の存在というのは

多くの場合、恋愛、仕事をはじめ

あらゆる人間関係に濃く影響を及ぼしています。

お母さん本人がどうこう、というより

小さい頃に、

お母さんと私がどんな関係だったのか?

お母さんにどんな気持ちを抱いていたのか?

というのがポイントです。

本日のクライアントさんも、

心の深い部分にヒットしたようで

たくさん涙を流されていました。

こんな風に涙を流すことが

「感情デトックス」であり、

「もう一人の自分とつながること」であり、

「インナーチャイルドの癒し」であります。

心の奥底から出てきた気持ちは、

私はお母さんを

苦しませる存在だったに違いない

という想い。

これ実は持ってる人多いんです。

しかも超・無意識に。

今日の方も、

「自分がこんな気持ちを抱えてたなんて

一人じゃ絶対分からなかった・・・」

とおっしゃっていました。

私たちは、

お母さんの全く悪気のない

言動や雰囲気、または在り方から、

私はお母さんを苦しめる存在

私はお母さんに迷惑をかける存在

私はお母さんにとっていらない存在

そんな風に感じることがあります。

これこそが、苦しさの原因。

この度合いが強ければ強いほど、

そのままの私はいてはいけない

という強迫観念にも近い

恐れになります。

「いてはいけない」わけだから

存在を許されるため

私たちは実に色んなことを

やろうとします。

しっかりしようとしたり

優等生になろうとしたり

まともでいようとしたり

人よりできる私でいようとしたり

人の上に立とうとしたり。

大人しく目立たない存在でいようとしたり、

逆に

目立つ存在でいようとしたり。

その出かたは人それぞれだけど、

そして

やろうとして出来るタイプの人と

できないタイプの人がいるけれど

根本に恐れがあるというところは

全く一緒。

そして、

「お母さん」へのこういった想いを

私たちは全人類(笑)に対して

適用するという傾向があるもので。

お母さんのみでなく、

好きな人やパートナー、

友達、職場の人、

電車で隣になった人・・・

色んな人に対して、

自分に「○○でいないといけない」と

課すわけです。

何なら一人でいる時も

課してるかもね。

地球に存在することを、

自分に許してあげよう。

まずは、

たくさん溜まった感情を出して

自分を癒し、デトックス。

感情が出終わった後は、

スッキリ爽快リフレッシュです。

今日のクライアントさんも

涙を流した後は

すっごく緩んだいい顔になっていました。

こうやって1つずつ、

「未完了」だった感情を

「完了」させていくんだね。

セッションでは

そのきっかけを提供したり、

コツを掴んでもらうことをしています。

養成講座も、

半分は「公開セッション」の時間になるので

こういった癒しがたくさん起こります。

自分が相談したときだけじゃなくて

他の誰かの相談が、自分にヒットして

癒しが起こる場合もたくさんあるよ。

ブログへの読者登録はこちらから♡

フォローしてね!

 

 

***

 

 

 

 

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。

 

 

小松あすみ