復縁に囚われていた時代の話②

連載の間がいつもかなり空いてしまって
すみません汗
私の、過去の失恋マスター時代
振り返りシリーズ!笑
わたしが、前の彼氏に死ぬほど執着して
復縁を目指してた頃のお話。
{6F89D738-CDF0-4468-9274-D0CFDB36AC48}

この頃。

↓↓こちらの続きです。

前回は、今から4年前(2013年)の
クリスマスに彼に彼女が出来ていなければ
会って貰える!!
という約束をしたお話でした。
3か月以上、毎日カウントダウンしながら
待ち続けたわたし…。
そして、クリスマス少し前にやっと会えることに・・・!
{A7014FB6-B777-4317-BE69-F721AE48E58D}

 

当日。
ばっちり鏡をチェックして
ドキドキしながら多大なる期待を胸に
待ち合わせ場所ににいく私…。
そして彼とご対面。
会うのは1~2年ぶりくらいだったかな。
本当に久しぶりでした。
・・・でも、彼の様子がなんだかおかしい。
うきうきデート気分だった私とは対照的に
めんどくさそう。つまらなさそう。
 なんか知らんけど
めちゃめちゃ態度わるい。
その日は私がスマホを新しくしたくて
一緒に見てもらう、
という名目だったのですが
その後にお茶しようよーといっても
「やだよ、帰るよ」って…
おいおい、
なんかおかしくないか?
そこで電車移動中に、雑談のふりして
彼に最近の恋愛事情をきいてみた。
するとなんと、
最近いい感じの女の子がおり、
私と会った翌日にその子と3回目のデート
を入れており、
そこで告白する予定なんだそう…。
はぁ?
まったく状況がつかめなくなりました。

 

 

 

 

◆「自愛とノートで人生を変えるワークブック」販売中

第2弾「失恋を癒す」

<ご購入はこちら>

 

第1弾「彼氏ができる私になる」

<好評販売中です♡>

 

 

 

◆インスタグラム

イラストアカウント(@asumik510)

 

カウンセラーアカウント(@asumikomatsu510)

 

 

◆LINE@

友だち追加

ID検索→@wjs8067o

(@を必ずお付けください)

 

 

ブログへの読者登録はこちらから♡

フォローしてね!

◆このブログはシェア、リンク大歓迎です。

 

 

小松あすみ