恋愛を美化しなければ、上手くいく。

こんばんは、小松あすみです。

 

image

 

 

きのうの記事で

不安で寂しい恋愛を映画に例え、

「不幸ってなんとなくドラマチックだよね」

って話をしました。

 

私が不安定で寂しい恋を繰り返していた頃、

そこから抜け出せない原因はまさに

「恋愛のドラマ化」でした…。

 

美化とも言うかもしれない。

 

 

元彼との復縁を目指していた頃は

 

 

「一度は心が離れた彼…。でも最後は私の愛と健気さにやっと気が付き、彼が戻ってきて涙なみだのハッピーエンド!」

 

 

みたいのを毎日妄想してました。笑

 

 

それ用の結婚式の演出とか

ムービーまで考えてたからね…笑

曲のセレクトも完璧さっ

 

 

 

そのあと好きになった男性たちに

振られる度にも、

「楽しかった最初のデート、気持ちが通じ合った気がした2度目のデート…本当に楽しかった。

なのに、なのに、どうしてあの人は…」

 

 

という感じで、

まるで卒業式の日に涙目で「旅立ちの日に」

を歌いながら振り返る

学校生活3年間のごとく、

 

たった数回のデートを

やたらキラキラと青春っぽく

持ち上げて美化してました…。

 

 

 

その根底にあったものはやっぱり

 

「悲劇のヒロインでいたい願望」

 

そして

 

「恋愛は難攻不落で美しくあるべき」

 

という設定です。

 

 

この設定があったから

私にとっては1つ1つの恋が非常に重かった。

 

私が毎回超大作ストーリー扱い

していた恋愛達は、

 

 

彼らにとっては15秒CMくらいの

軽さでしかなかったことでしょう。

 

 

だからいつも男性との温度差がすごくて、

簡単に去っていく彼らのことが

心の底から信じられなかった。

 

 

 

また同じように、

「今の彼は結婚向きじゃないから~」

とさくっと振って、さくっと別の人と

結婚する女子も信じられなかった。

 

 

 

私からしたら宇宙人みたいに見えたし、

なんならちょっと見下していた。

 

あなたにとって恋愛ってそんなもんなの?

なんか味気なくて可哀想…って。

 

 

 

でも、見下してたのは

本当は強烈に劣等感を感じていたから

そうせずにはいられなかっただけ。

 

 

 

本当はそんな風に「自分の幸せ」を

第一に考えて、かる~く人生を

歩いていける女の子が、

羨ましくて仕方なかったのです。

 

 

✳︎

 

 

そう、なんだかんだ、

不幸な恋愛をとびきりの映画みたいに

「楽しんでいる」うちは、

安心な恋をすることはできない。

 

 

「もうイヤだ」

「こうこういう恋はしたくない」

 

 

そう認識し、行動レベルに表せること

そこから抜け出す絶対条件。

 

 

 

それも、ノートを使って自愛を

していけばいいだけですよ。

 

 

では。

 

小松あすみ